脳若の効果・科学的根拠について

認知症の予防を目指す『みつおか式 脳若トレーニング』は、2013年に福岡県粕屋町の協力のもと「エビデンス取得プロジェクト」を実施しています。

※エビデンス…科学的根拠

糟屋町在住の65歳以上の方5,800名に対し、町役場が送付するチェックリストに同封し、「エビデンスプロジェクト」への協力依頼チラシを配布。
協力希望者400名より100名を無作為に選出し、各50名の「第1グループ」「第2グループ」に分け、脳若トレーニング(全9回)を実施。

トレーニング効果の有無や持続性を評価するため、トレーニング前後に記憶力や自己効力感に関する測定を実施。
さらに、参加者にアンケートを実施し、トレーニングに対する感想・評価を得ています。

エビデンス取得に関する「計画」~「実施」~「評価」の一連の作業については、大学の研究者(臨床心理士)の支援をいただき、科学的に意味のあるプロジェクトにすることに努めました。

また、トレーニング直後だけでなく、効果が持続していることを確認するために一定期間が経過した後にも効果測定を実施しました。

脳若トレーニングが認知機能(短期記憶・遅延記憶)に及ぼす効果

脳若トレーニングを行うことで、健常域群においては短期記憶が、軽度認知症が疑われる群においては短期記憶および近似記憶の向上、もしくは維持が期待されます。

灰色が脳若トレーニング実施前、緑色が脳若トレーニング実施後の数値です。

★短期記憶グラフ
脳若の効果1

 

 

 

 

 

 

 

 

★遅延記憶グラフ
脳若の効果2

 

 

 

 

 

 

 

 

◎第9回日本応用老年学会大会(2014年10月26日)

福岡県粕屋町で実施した実証実験の結果から、『脳若トレーニング』が認知機能(短期記憶・遅延記憶)に及ぼす効果について発表を行いました。

※下画像をクリックすると大きく表示されます。

  2014応用老年学会抄録集22014応用老年学会抄録集-サムライト

 

 

 

 

 

参考…『みつおか式 脳若トレーニング』 エビデンス科学的根拠についてより

Top